井上老師のプロフィール

カフェ寺の井上哲玄老師の紹介

井上哲玄老師2013年

ご紹介: 生年月日: 1933年4月16日
出身地:   浜松市半田町
ご職業: 曹洞宗僧侶

 

井上義衍老師より嗣法。今日に至るまで多くの後継者を育て、また出家得度者を導いてこられました。最近は招かれるままに、請われると法を説いていらっしゃいます。『カフェ寺』もその一つで、何回かやっているうちにカタチになってまいりました。次回の会はどこにきけばわかるか?というご質問に答えるために、また新しい方も気軽にいらっしゃれるよう、このページを立ち上げています。(文責 砂子)

 

 

【井上哲玄老師略歴】

500年間出と称され昭和の古仏と尊敬される井上義衍老師(いのうえぎえんろうし)の長男として昭和8年、浜松市東区の龍泉寺に生まれる

15歳から福井県小浜の発心寺僧堂にて原田祖岳老師に参ず この時、師井上義衍老師の法を知らず 18歳の時、墓場にて夜坐をして徹宵・明け方に及ぶ

梵鐘を聞いて悟り、原田老師に見性を許されるも本人は肯わず 安居10年送行

のち、横浜市鶴見の総持寺専門僧堂にて5年安居、合計15年の修行に及ぶ

この間、途中より本師・井上義衍老師を師として修行に励む のち、義衍老師在世中に龍泉寺住職となる

義衍老師の遷化(せんげ=逝去)後、龍泉寺参禅道場師家に就任し、後進を指導する立場となるが、義衍老師のあとの重圧に頗る苦しむ

師遷化のあと50歳の12月30日、作務のあと、居間で休息中に雨音を聞いて豁然大悟する その後は、しばらくして坐禅会や摂心会にて後進の指導にあたる 同時に大本山・総持寺祖院後堂老師(60代の時に3年間)などの役職も務める

現在は龍泉寺住持職を退いているが、カフェ寺や坐禅会にていよいよ精力的に指導にあたる

齢80を過ぎた近年参禅者が全国よりおおいに集まる 平成26年NHKこころの時代に出演、さらに反響を呼ぶ

龍泉寺東堂老師 龍泉寺重興 暁山哲玄大和尚

井上哲玄老師プロフィール詳細はこちら

 

 

井上義寛老師(埼玉県・故人)や井上貫道老師(昭和19年生・静岡県)は実弟、それぞれ若くして悟りを開き大法を成就されている

 

(文責 DK)